障がい者等給付・貸与制度について

公開日 2022年06月09日

補装具の購入・借受け・修理について

日常生活用具の給付について

高齢者等緊急通報機器の貸与について

外国人高齢者・障害者福祉給付金支給について

 

補装具の購入・借受け・修理について

身体障がい者(児)の身体の機能を少しでも補い、日常生活や職場生活を容易にするため、補装具の購入、借受けや修理を受けることができます。

補装具の品目
区分 補装具の種類
視覚障がい 義眼、眼鏡、盲人安全つえなど
聴覚障がい 補聴器など
肢体不自由 義手、義足、装具、車いす、歩行器、歩行補助杖など
難病 車いす、歩行器、意思伝達装置、整形靴

※補装具には、品目別に耐用年数があります。
※原則、1割の自己負担があります。(所得に応じて上限が設定されています)
※労災により障がいになられた方は、労災による給付制度がありますので、あらかじめご相談ください。

手続きに必要なもの

※課税証明書、医師意見書が必要な場合があります。

問い合わせ・手続き先

 障がい福祉グループ(電話85-3732)

労災に関する問い合わせ先

 室蘭労働基準監督署(電話23-6131)

日常生活用具の給付について  

在宅の障がいのある方や難病患者などに対し、日常生活を容易にするために、日常生活用具を給付します。

日常生活用具種目一覧[PDF:272KB]

手続きに必要なもの

  • 日常生活用具給付等申請書[PDF:76KB]
  • 見積書
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または難病患者などであることが確認できるもの(特定疾患医療受給者証等)
  • 印鑑

※課税証明書が必要なことがあります。

問い合わせ・手続き先

 障がい福祉グループ(電話85-3732)

高齢者等緊急通報機器の貸与について

一人暮らしの高齢者等を対象に緊急通報機器を貸与し、急病等の緊急事態が発生した際に通報することで、利用者から事前に預かった合鍵を持った警備員が駆けつけるほか、救急車の要請を行うなどの救援体制をとり、日常生活の不安解消や人命の安全を確保することを目的としています。

緊急通報機器事業内容[PDF:738KB]

対象となる方

登別市に住民票があり自宅で生活している方で、慢性疾患等により常時注意を要する、次のいずれかに当てはまる方が対象となります。

1.一人暮らしの高齢者

2.高齢者のみの世帯に属する高齢者

3.同居者の就労などにより、日中又は夜間に上記1又は2に該当する高齢者

※サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームなどの施設にお住まいの方は対象外です。

※緊急連絡先としてご家族などの連絡先を登録していただく必要があります。

※合鍵をセコム株式会社(高齢者等緊急通報機器設置事業の受注者)に預ける必要があります。

料金

  • 一般世帯    605円
  • 生活保護世帯  無料

緊急通報機器を設置したいときは

登別市保健福祉部高齢・介護グループ又は民生委員・児童委員にご相談ください。

申請書・届出書様式

申請書[PDF:71.2KB]

誓約書(申請書に添付)[PDF:55.3KB]

変更届[PDF:30.5KB]

返還申出書[PDF:21.2KB]

問い合わせ・手続き先

 高齢・介護グループ 高齢福祉担当(電話85-5720)

外国人高齢者・障害者福祉給付金支給について

国民年金制度上、無年金にならざるを得なかった在日外国人の高齢者または重度心身障がい者で一定の要件を満たしている場合に福祉給付金が支給されます。

支給額

  • 高齢者      月額10,000円
  • 重度心身障がい者 月額25,000円

手続きに必要なもの

  • 所得証明
  • 住民票の写し(日本国籍取得者は住民票と戸籍謄本)
  • 身体障害者手帳または療育手帳の写し(重度心身障がい者の場合)
  • 年金証書などの写し(公的年金受給者の場合)

問い合わせ・手続き先

  高齢・介護グループ 高齢福祉担当(電話85-5720)

問い合わせ

保健福祉部 高齢・介護グループ
TEL:0143-85-5720

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)