「乾電池」と「全てのライター」の分別変更について

公開日 2021年06月21日

「乾電池」及び「全てのライター」の分別を変更します。

 令和3年4月に発生したクリンクルセンターでの爆発事故は、不燃ごみを処理する破砕設備の中で粉状のごみが舞い、そこに、なんらかの着火源により引火した粉じん爆発である可能性が高いと推測されています。

 クリンクルセンターでは、燃やせないごみを細かく砕き処理していますが、この破砕処理中の発火を防ぐため、「乾電池」と「全てのライター」は「有害ごみ」へ分別を変更します。

 

種 類 分 別
これまで 今 後
電池類 乾電池   不燃ごみ  

有害ごみ

 

※ライター類は中身を使い切ること

小型充電式電池

(リチウムイオン電池、ニカド電池、ニッケル水素電池)

有害ごみ
ボタン電池 有害ごみ
ライター類 使い捨てライター

  使い切って  

可燃ごみ

金属製ライター 不燃ごみ

 

 

「有害ごみ」は透明・半透明の別袋に入れ、「有害ごみ」と表示して、燃やせないごみの収集日に出してください。
令和4年4月1日からを完全実施としますが、それまでの移行期間についても、新たな分別での排出にご協力をお願いします

電池の処分方法についてはこちら

 

 

問い合わせ

市民生活部 環境対策グループ
TEL:0143-85-2958
FAX:0143-85-2585
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)