救急について

公開日 2013年03月27日

救急について

救急講習会を受講しましょう

救急車の適正利用について

AEDレンタルサポートをご利用ください

 

救急講習会を受講しましょう

私たちは、いつ、どこで、突然のけがや病気におそわれるかわかりません。
そんないざと言うときのために救命講習会を受講しましょう。

1 普通救命講習(1)(3時間)

一般の市民の方を対象とし、心肺蘇生法、AEDの使い方、止血法、異物除去法などを学びます。

2 普通救命講習(2)(4時間)

事業所内にAEDが設置してあるなど、業務の内容や活動領域の性格から一定の頻度で心停止者に対し応急処置を行う可能性がある人を対象とし、普通救命講習(1)の内容に加え、筆記及び実技試験を行います。

3 普通救命講習(3)(3時間)

小児・乳児・新生児に対する心肺蘇生法、AEDの使い方、止血法、異物除去法などを学びます。

4 上級救命講習(8時間)

業務の内容や活動領域の性格から一定の頻度で心停止者に対し応急処置を行う可能性がある人を対象とし、普通救命講習(2)の内容に加え、より深い内容の講習を学ぶことができます。  
 

e-ラーニング講習(60分)

インターネット上で普通救命講習・上級救命講習の座学部分を事前に学ぶことができます。
 
e-ラーニングはこちら
 

5 その他の講習

 救命入門コース(90分):おおむね10歳以上を対象とし、心肺蘇生法、AEDの使い方を学ぶことができます。
 一般救急講習:希望される講習時間内で心肺蘇生法やAEDの使い方を学ぶことができます。

講習手続き・受講の申し込み方法

1 個人で救命講習の受講を希望されるかたは「定例救急講習」にお申込みください。
  実施の日程につきましては広報のぼりべつ・消防ホームページをご覧になられるか、消防署警備グループ救急救助担当、または最寄りの登別消防各支署へお問い合わせください。
2 救命講習の団体受講を希望されるかたは消防署警備グループ救急救助担当、または最寄りの登別消防各支署へ事前に申し込みを行い、日程の確認を行ってください。
3 受講費用については無料ですが講習会消耗品については自己負担となります。詳しくは申し込み時にお問い合わせください。
※インターネット・e-メールでの受講申し込みは受け付けておりません。
(ファイルをダウンロードしてお使いください)
 

救急車の適正利用について

 

救急出動は年々増加しています

登消救急2登別市では消防署(中央町)・登別温泉支署・鷲別支署に高規格救急車を3台配置し救急救命士・救急隊員が24時間体制で出動待機しています。
 高層住宅や山岳地形など救急隊だけでは搬送困難な状況、管轄する救急車が出動中で他署から出動し時間がかかる状況では、必要に応じて直近の消防隊や救助隊が出動(PA連携)して市民のの救命に当たっています。 平成24年の統計では1年に2086件救急出動があり増加傾向となっています。救急要請の増加の背景としては高齢化社会・核家族化などの社会情勢の変化の他に「安易な救急要請」というものがみられます。

救急車は緊急を要するかたのためにあります

救急車は
「緊急に医療処置が必要」PA連携
  「他に搬送手段のない」

 ときに出動要請するのが原則です
「突然倒れた」
  「意識や呼吸がない」
  「異物がのどにつかえてる」
  「激しい頭痛、腹痛、胸痛がある」
  「ケガをして激しい出血がある」
  「骨折をして動けない」
  「呼吸が苦しい」

 などの一刻を争う患者を病院へ搬送するための緊急車両です。

救急車の適正利用は市民の皆様のご協力が必要です

救急搬送  「タクシー代わりの救急要請」
  「二日酔い、軽い打撲、歯痛などの明らかな軽症」
  「救急車でいくと早く診察してもらえる」
  「どこの病院に行けば良いのか判らない」

 といった内容の救急要請を受ける一方で
  「命に関わる病気や怪我で一分一秒を争う患者さん」
  「救急車を使わなければ病状などが悪化する恐れのある患者さん」

 も、大勢いらっしゃいます。 

  救急車の不適切な利用によって救急出動が増加すると緊急性の高い患者さんに対する救命処置が遅れ、救える命が救えなくなる可能性があります。皆様のご理解とご協力で限りある救命手段を有効に活用していきましょう。

 総務省消防庁「救急車利用マニュアル」もご覧ください。(別ウィンドウで開きます)

http://www.fdma.go.jp/html/life/kyuukyuusya_manual/index.html

AEDレンタルサポートをご利用ください

市内で開催されるスポーツ大会や祭りなど各種イベントを対象に、平成21年5月1日からAED(自動体外式除細動器)の無料貸し出しを行っております。


貸出の基準

 
消防署、その他の講習機関が実施する普通救命講習を修了した者、または医師、看護師等の医療従事者が配置されていること。

詳しくは下のファイルをごらんください。
AEDのレンタルサポートについて(説明書)(19.3KBytes)

AEDのレンタルサポートについて(説明書)(100KBytes)

申込方法 


貸出希望日の原則1ヶ月前までに消防署または、最寄りの消防各支署に備え付けの貸出申請書に必要事項を記入の上、提出してください。

こちらからもダウンロードできます。

 

自動体外式除細動器(AED)_貸出申請書[DOCX:18KB]

また、AEDの返却時に使用実績報告書を提出していただいてます。

 

自動体外式除細動器(AED)使用実績報告書[DOCX:17.5KB]

(ファイルをダウンロードしてお使いください)

貸出料

無料

(ただし、AED貸出期間中に故意又は重大な過失等によって機器に故障が発生したと認められた場合は、修理にかかる経費を請求させて頂くことがありますので取り扱いには十分注意してください。)

貸出実績として


これまで、こいのぼりマラソン大会や町内会のお祭り、各種レクレーションに貸し出ししておりますので気軽にご利用ください。

問い合わせ

消防本部 総務グループ
TEL:0143-85-9611
FAX:0143-88-0259

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)