令和2年度 登別市介護予防・生活支援サービス事業費補助金(通所型サービスB)の交付申請を受け付けます

公開日 2020年06月01日

通所型サービスBの目的 

 登別市の通所型サービスBは、家に閉じこもりがちな要支援者等が、事業実施団体が設置する場に通い、地域住民などとの交流をもつことで、社会的孤立を防止するとともに、生きがいづくりと健康保持を図ることにより、要介護状態となることを予防し、要支援状態を軽減するとともに地域における自立した日常生活を支援することを目的としています。
 登別市は、通所型サービスBを実施しようとする団体へ、活動費などの一部を補助します。

通所型サービスBのサービス内容

 登別市の通所型サービスBは、要支援者等に対して、定期的に介護予防・認知症予防に資するプログラムを提供(週1回以上かつ1回あたりおおむね3時間程度)するサービスです。

 1 「介護予防・認知症予防に資するプログラム」は、要支援者等の実情に応じた多様な活動としますが、介護予防・
   認知症予防に資する30分以上の体操と送迎は必須とします。
   (多様な活動の例)レクリエーション、交流、趣味活動など

 2 「週1回以上」については、サービス提供の日が国民の祝日の場合は、活動を休みとしても差し支えないものと
   します。

 3 「おおむね3時間程度」のサービス提供には、送迎時間を含めても差し支えないものとします。

補助金交付申請について

 『介護予防・生活支援サービス事業費補助金交付申請の手引き』をよくお読みいただき、各種申請書類から必要となる様式をダウンロードしてください。

 令和2年6月30日(火)までに、申請書に必要事項を記入し、関係書類を添えて高齢・介護グループ(〒059-8701 登別市中央町6丁目11)まで、持参または郵送にて提出してください。(郵送の場合は、当日消印まで有効)

介護予防・生活支援サービス補助事業申請の手引き(通所型サービスB) _R2.4改訂[PDF:4.01MB]

各種申請書類[ZIP:133KB]

問い合わせ

保健福祉部 高齢・介護グループ
TEL:0143-85-5720

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)