後期高齢者医療制度の窓口負担割合の見直しについて

公開日 2022年02月08日

後期高齢者のうち一部の方の医療費窓口負担割合が2割となります

 令和4年10月1日より後期高齢者医療被保険者のうち一定以上の所得のある方は、現役並み所得者(窓口負担割合3割)の方を除き、医療費の窓口負担割合が2割となります。

2割負担となる所得基準のイメージ図[PDF:257KB]

 2割負担となる方については、施行後3年間(令和4年10月1日から令和7年9月30日までの期間)は、1カ月の外来医療の負担増加額が3,000円までに抑えられる配慮措置があります(入院の医療費は対象外)。

2割負担となる方への配慮措置について[PDF:72.4KB]

 詳しくは、厚生労働省及び北海道後期高齢者医療広域連合のウェブサイトをご覧ください。

後期高齢者医療制度の概要等について(厚生労働省ウェブサイト)

令和3年度制度改正について(厚生労働省ウェブサイト

窓口負担割合の見直しについて(北海道後期高齢者医療広域連合ウェブサイト


問い合わせについて

窓口負担割合変更等に関する問い合わせは、下記コールセンターをご利用ください。

後期高齢者医療の窓口負担割合に関する厚生労働省コールセンター

受付時間:9時から18時まで(日曜日・祝日を除く)

電話番号:0120-002-719

開設期間:令和4年1月4日から令和4年3月31日

 

 保健福祉部 年金・長寿医療グループ
 TEL:0143-85-2137
 FAX:0143-85-1108

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)