市民の善意により初期消火を実施された際の消火器の補助事業について

公開日 2014年11月25日

一般社団法人北海道消防設備協会苫小牧・室蘭支部では、社会貢献事業の一環として、善意により初期消火を行った住民の方が使用した消火器の補助事業を始めました。北海道消防設備協会で無償で消火薬剤の詰め替えや交換を行います。

 

補助の対象となる例

  • 近所のゴミステーションで発生した火災を、自宅の消火器を使って初期消火を行った
  • 隣の住宅で発生した火災を消火するために、自宅の消火器を使用した  

補助の対象外について

次の場合などは補助の対象となりません。
 

  • 応急消火義務者(火災を発生させた方、火災が発生した建物の所有者など)が所有または管理する消火器
  • 火災が発生した建物に法令等の規定により設置が必要とされる消火器
  • エアゾール式の簡易消火具等

 

申請方法等については消防本部までお問い合わせください。 

 

意により初期消火を行った消火器の補助事業について(189KBytes)

問い合わせ

消防本部
TEL:0143-85-9611
FAX:0143-88-0259

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)