指定文化財

公開日 2020年05月11日

  登別市内に所在する文化財のうち、国または北海道、登別市にとって特に文化的価値が高いと認められるものを指定文化財として指定しています.

国指定文化財

1 登別原始林  Noboribetsu Primeval Forest

市指定文化財

1 円空作観音像  The Statue of Kannon, the Goddess of Mercy, created by Enku

2 円空作聖観音像  The Statue of Sacred Kannon, the Goddess of Mercy,created by Enku

3 高村東雲作観音像  The Statue of Kannon, the Goddess of Mercy,created by Toun Takamura

4 日野愛憙の「明治2年以降片倉家北海道移住顛末」

       Katakura familys full account of the immigration to Hokkaido after the 2nd year of Meiji-period

5 黒澤家史料  Kurosawa familys historical material

6 幌別鉱山獅子舞  Shishi-mai, The Lion dance of Horobetsu coal mine

7 登別化石林の炭化木(トドマツ)  Carbonized fir from Noboribetsu petrified forest

8 幌別村役場文書  The official documents of Horobetsu Village Office

関連ウェブサイト  ヌプルペッー登別市のアイヌ文化

ヌプルペツ 

地図

指定文化財の位置

問い合わせ

教育委員会教育部 社会教育グループ
TEL:0143-88-1129
FAX:0143-85-9744

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)