アダプトプラグラム

公開日 2016年12月22日

アダプトプログラムとは

 アメリカで生まれ、日本でも多くの自治体で採用されている新しい環境美化の手法です。私たちのまちを、私たちの手できれいにすることが、きれいなまちづくりの第1歩です。
 市と市民や企業などが役割分担し、活動を通して参加者の連帯感や地域への愛着を深め、身近な生活環境を改善し、きれいなまちづくりを推進することを目的としています。
 【アダプト(adopt)とは、英語で「~を養子にする」という意味で、公園や道路などの公共施設を子どもに見立て、市民や企業などが里親となり、わが子を育てるように世話(清掃・美化)をすることから命名されました。】

里親になるには

2人以上のグループ(家族、町内会等、学校、商店、企業、各種団体)とします。
※中学生以下の方が主体のグループの場合は、活動中の子どもの安全を図るため、大人の責任者が必要です。

里親を募集しています

 きれいなまちづくりの第一歩は、私たちのまちを、私たちの手できれいにすることから始まります。生活環境を改善し、快適なまちづくりを進めるため、『のぼりべつ・クリーン&フレッシュ事業』に参加する里親を募集しています。
 清掃・美化活動をしようと思う道路、公園・広場、河川敷地について、土木・公園グループに相談してください。条件が合う活動内容であれば、里親届を提出して里親になる手続きをしてください。

問い合わせ

都市整備部 土木・公園グループ(管理担当)
TEL:0143-84-5751
FAX:0143-85-8286

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)