産婦健康診査の費用を助成します

公開日 2019年04月01日

出産後間もないお母さんは、退院直後の慣れない育児やホルモンバランスの乱れにより体調不良になりやすく、特に産後2週間は産後うつになりやすい時期といわれています。

 市は、平成31年4月1日から産婦健康診査(産後2週間前後)の費用助成を行います。

 

○対象

平成31年4月1日以降の健診受診日に、登別市に住民票がある次のいずれにも該当する方

・産後2週間前後で、産後カ月を超えない方(出産した日から起算して1カ月以内の方)

 例)出産日が1月20日の場合、2月19日までの受診が助成の対象となります。

・産後の体調不良や育児不安等がある方、または出産した医療機関で受診が必要と判断された方

※産後カ月の産婦健康診査は自己負担となります。

市外に転出したその日から、市で交付した産婦健康診査受診票は利用できません。

 

○利用方法

出産した医療機関に、健康推進グループで交付する「登別市産婦健康診査受診票」を提出してください。なお、医療機関によっては、産後2週間前後の産婦健康診査を受診できない場合もあります。

 

○受診票の交付

 平成31年4月1日以降に妊娠の届け出をされた方は、総合福祉センターしんた21で母子健康手帳を交付する際、妊婦健康診査受診票とあわせて「産婦健康診査受診票」をお渡しします。

 ※登別市に転入された方は、総合福祉センターしんた21で妊婦健康診査受診票を交付する際にお渡しします。

 ※平成31年3月29日までに妊娠の届け出をされた方には、4月以降順次、産婦健康診査受診票を郵送します。

 

 ○助成額

  5,000円(5,000円を超えた金額は自己負担となります)

 

 

 ○北海道外での産婦健康診査費用の一部助成について

  里帰り出産などで、北海道外(国内に限る)の医療機関で産婦健康診査(産後2週間)を受診して支払った費用の一部を助成します。

 

対象者

平成31年4月1日以降の健診受診日に、登別市に住民票を有する産婦で次のいずれにも該当する方。

・北海道外(国内に限る)の医療機関において、登別市が交付した産婦健康診査受診票で健診を受けた方。

・産後2週間前後で、産後1か月を超えない方(出産した日から起算して1か月以内の方)

 例)出産日が1月20日の場合、2月19日までの受診が助成の対象となります。

・産後の体調不良や育児不安等がある方、または出産した医療機関で受診が必要と判断された方

申請方法

申請に必要な次の1~6をそろえて、健康推進グループ(登別市総合福祉センターしんた21)に申請

1.印鑑(シャチハタ以外のもの)

2.通帳(産婦本人名義のもの)

3.申請書(登別市総合福祉センターしんた21にあります)

4.産婦健康診査受診票

※受診票の「健康診査の結果」の記載と、受診した医療機関および医師名の記載押印が必要です。

※医師に記載してもらう際に文書料が発生する場合があります。文書料は助成の対象になりませんので、医師に記載してもらう前にご確認ください。

5.領収書

6.母子健康手帳

申請期間 産婦健康診査受診日の属する月の末日から1年以内

注意事項

・健診費用が助成上限額に満たないときは、その額を上限とします。

・治療に要した費用と薬代は、助成の対象となりません。

・受診票等に必要事項が記載されていない場合は、助成の対象となりませんので、受診の際には医師に必ず記載していただくようお願いします。

・産後1か月の産婦健康診査は自己負担となります。

・市外に転出したその日から、登別市が交付した産婦健康診査受診票は利用できません。

 

問い合わせ

保健福祉部 健康推進グループ
TEL:0143-85-0100
FAX:0143-85-0111
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)