犬や猫を飼うとき

公開日 2019年09月20日

 ペットは飼い主にとって、身近に寄り添い、心を癒してくれる家族の一員であり、かけがえのない存在です。
  一方で、不適切な飼育によって、近隣に住む方にとって迷惑な存在となっている場合や、無責任な飼い主がペットを無計画に繁殖させてしまい、飼育ができなくなり、動物虐待につながる事例も発生しています。
 人とペットが快適に暮らせるよう、動物を飼育する際には、責任ある行動をとり、マナーを守りましょう。

犬や猫を飼う前に

  • 飼いたいペットの本能や習性をよく理解していますか
  • ペットが天寿を全うするまで(10歳を超える犬や猫もたくさんいます)可愛がって飼うことができますか
  • ペットの毎日の世話(エサ、水、トイレの清掃、散歩、ふんの処理)ができますか
  • ペットが病気やけがをしたとき、動物病院に連れて行くことができますか
  • ペットが隣近所の迷惑にならないよう気遣って飼えますか
  • 家族に動物アレルギーの人はいませんか。家族みんな動物が大好きですか
  • 家でペットは飼えますか(アパート、マンションで動物飼育はできますか)
  • ペットに関する決まりごと(法律や条例、基準、マナーなど)を知っていますか
  • ペットのエサ代にいくらかかるか知っていますか
  • ペットと遊ぶ時間はありますか
  犬2 犬3 猫3

犬を飼うときは犬の登録と狂犬病予防注射の接種が必要です

市への登録が必要です

犬の登録は、犬の生涯1回で、登録にかかる手数料の額は、1頭につき3,000円です。

登録場所 名称(病院名) 所在地 電話番号
登別市 クリンクルセンター(環境対策グループ) 登別市幸町2丁目5 0143-85-2958
登別市内の動物病院 アンペットクリニック 登別市美園町3丁目2-14 0143-86-1300
奥山獣医科医院 登別市新川町1丁目2-2 0143-85-7655
  • 狂犬病予防法に基づき、犬を飼う場合は、市への登録が義務付けられています。犬を飼い始めた日(生後90日以内の犬の場合は90日を経過した日)から30日以内に、市内の動物病院か環境対策グループで申請を行ってください。 なお、飼い主や住所の変更、犬の死亡など、登録内容に変更があった場合にも、届け出が必要です。変更手続きは、市民サービスグループでもすることができますので、忘れずに届け出ましょう。
  • 転出される場合は、転出先の市町村の畜犬登録担当部署にお問い合わせください。
犬鑑札

犬の鑑札
犬を登録すると、左記の「犬鑑札」が交付されます。
首輪などを利用して、犬に付けてください。

毎年狂犬病の予防注射をしましょう

  • 犬の飼い主は、狂犬病予防法第5条により、飼い犬に年一回の狂犬病予防注射を接種させることが義務付けられておりますので、動物病院または市と獣医師会が市内を巡回して実施する集合注射にて必ず接種してください。
  • 狂犬病予防注射にかかる費用は、市内2か所の動物病院ともに次の表のとおりです。(消費税率の引き上げに伴い、令和元年10月1日から注射料金が改定となります。)

【改定前】

令和元年

9月30日

まで

項目 内訳                      

【改定後】

令和元年 

10月1日

から  

項目 内訳
注射料金 2,560円 注射料金注射料金注射料金 2,690円
注射済票交付手数料 550円 注射済票交付手数料 550円
合計 3,110円 合計 3,240円

登別市以外の動物病院で狂犬病予防注射を受けたときは、次の「狂犬病予防注射済票(プレート)」を発行する必要がありますので、動物病院で発行された「狂犬病予防注射済証」と交付手数料550円を持参し、環境対策グループ(クリンクルセンター内)で注射済票の交付を受けてください。

狂犬病予防注射済票

注射済票(色は毎年変わります。)
首輪などを利用して、犬に付けてください。

犬に関する手数料

項目 数量 金額        
犬の登録 1頭につき 3,000円
狂犬病予防注射済票の交付 1件につき 550円
犬の鑑札の再交付 1件につき 1,600円
狂犬病予防注射済票の再交付 1件につき 340円

犬の飼育にかかるご注意

  • 犬は、人に危害を与えないよう2メートル以内の鎖につないで固定するか、おりや柵の中で飼うことが規則で定められています。放し飼いはしないでください。
  • 市は、危害防止のため野犬掃討を常時行っており、放し飼いの犬は野犬と見なし捕獲します。犬の首輪や鎖がはずれる恐れがないか、定期的に点検してください。
  • 散歩させる場合、ふんの後始末をして持ち帰り、市指定ごみ袋(燃やせるごみ(黄色))に入れ、収集日にごみステーションに出してください。
  • 飼い犬が人や家畜を噛んだときは、警察などに連絡するほか、ただちに市役所(環境対策グループ(クリンクルセンター内))に届け出してください。(届け出の義務)

飼い犬がいなくなったときは

次のところに連絡してみてください。保護されている場合があります。

問い合わせ先 所在地 電話番号
クリンクルセンター(環境対策グループ) 登別市幸町2丁目5 0143-85-2958
室蘭警察署(会計課) 室蘭市東町4丁目27-10 0143-46-0110(代表)
室蘭保健所(生活衛生課) 室蘭市幸町1丁目4-1 0143-24-9848

猫を飼うときは

猫の飼育にかかるご注意

  • 飼い猫であることを証明するため、首輪やリボンをつけて下さい。
  • 室内飼育に努めてください。外に出すときは、引き綱をつけて散歩させてください。
  • 排せつ物の処理は重要です。猫が飼い主の知らない間に屋外のあちこちで排せつをして近所迷惑にならないよう、室内の専用トイレでふんや尿をするようしつけてください。
  • 排せつ物の処理はこまめに行い、清潔なトイレの維持に努めてください。
  • 1匹の猫を飼っていたはずが、飼い主が知らない間に、妊娠して多くの子猫が生まれて、いつの間にか多くの猫を飼育しなければならない状況になることがあります。自分のため、猫のためにも避妊や去勢手術を検討しましょう。

野良猫にエサを与えている方へ

 のら猫にエサを与えることで、ご近所に迷惑をかけていませんか。
 のら猫に継続してエサを与えることは、飼い主として責任を負うことになり、他人に迷惑をかけた場合はエサを与えている方の責任となることがあります。
 飼い主となる自信と責任が持てないのなら、むやみなエサやりはやめましょう。

猫2 猫1

 

犬または猫の引取り

北海道では、保健所で引き取った犬・猫を適正に飼っていただける新しい飼い主を募集しています。
犬・猫を譲り受けたい方は、次のところにご相談ください。

胆振総合振興局 環境生活課 動物管理担当
住所:室蘭市海岸町1丁目4-1
TEL:24-9578(直通)


室蘭保健所にいる犬・猫情報(外部リンク)

ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)