児童デイサービスセンター のぞみ園

公開日 2019年05月20日

 genkan

のぞみ園の概要

 

設置の趣旨

 児童デイサービスセンター のぞみ園は、心身の発達に心配のある児童(18歳未満の子ども)に対し、日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練などを行う施設で、昭和49年に設置しました。

所在地

 登別市幌別町3丁目17番地4(鉄南ふれあいセンターと併設)

電話

 0143-85-7721

施設

 構造 鉄筋コンクリート

 規模 床面積414平方m

開館時間

 午前9時~午後5時30分

休業日

 土・日曜日、祝日、年末年始(12月31日~1月5日)

 

事業内容

 のぞみ園では、5つの事業(児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援、子ども発達支援事業、障害児相談支援事業)を実施し、療育指導や専門スタッフによる訓練、機関訪問支援、各種発達相談、相談支援専門員による支援利用計画の作成などを行っています。

 

児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援について

 乳幼児から学童期までのお子さんに、グループ指導や個別指導、運動訓練等を実施しています。

対象者

 次のすべてに該当し、障害児通所給付費の支給決定を受けた児童が利用できます。

   1.心身の発達に心配のある児童であること

   2.通園による療育が必要と認められること

   3.保護者と共に利用できる児童であること

費用

 保護者の所得に応じ、利用料の負担があります。

通園方法

 保護者同伴で通園してください。

 

子ども発達支援事業(機関訪問支援・各種発達相談)について

 登別市内の子育て関連機関や幼稚園、保育所、小中学校などへの『機関訪問支援』(機関への地域支援)や、市内在住のお子さんの発達や教育上の困りごとに関する『発達相談』を実施しています。ご相談内容に応じて、専門スタッフ(臨床心理士・理学療法士・言語聴覚士等)が対応しますので、機関訪問支援や発達相談をご希望の方は、お気軽に問い合わせください。

 

障害児相談支援事業について

 通所支援(児童発達支援、放課後等デイサービス等)を利用される際に、お子さんや保護者のニーズに合わせて相談支援専門員が支援利用計画を作成し、一定期間ごとにモニタリングを行います。

 

施設案内

施設平面図

保育室①

少人数の集団でいろいろな活動を楽しみます。

hoiku1 hoiku2 

訓練室

理学療法訓練(PT)や個別指導室として利用します。

右保育室01 右保育室02 

保育室②

朝の会・集団訓練・行事など多目的に使用します。

訓練室01 訓練室02 訓練室03

個別指導室

児童の必要に応じて環境を整え、個別に指導を行います。

  kobetsu2

相談支援事業所

相談支援専門員が面談などを行ったり、支援利用計画を作成します。

事務室兼医務室

医務室は事務室内にあります。

 

パンフレット

パンフレット(支援者用)[PDF:198KB]

パンフレット(保護者用)[PDF:155KB]

 

自己評価結果

平成30年度自己評価結果(児童発達支援)[PDF:147KB]

平成30年度自己評価結果(放課後等デイサービス)[PDF:143KB]

平成30年度保護者等向け自己評価結果(児童発達支援)[PDF:79.5KB]

平成30年度保護者等向け自己評価結果(放課後等デイサービス)[PDF:68.1KB]

 

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)