精神障害者保健福祉手帳について

公開日 2013年03月21日

 精神障害者保健福祉手帳の申請について

 精神疾患を有する方のうち、精神のため長期にわたり日常生活または、社会生活への制約がある方が対象になります。
 精神疾患には、次のようなものがあります。

  1. 統合失調症
  2. そううつ病
  3. 非定型精神病
  4. 中毒性精神病
  5. 器質精神病
  6. その他の精神疾患

手続きに必要なもの

  • 障害年金を受給している方は、申請書に年金証書及び直近の年金支払い通知書
  • 障害年金を受給していない方は、申請書に初診日から6カ月以上経過した時点での医師の診断書
  • 顔写真1枚(たて4センチメートル×よこ3センチメートル程度)
  • 印鑑

問い合わせ・手続先

 障がい福祉グループ(電話85-3732 内線152 内線153)

 

手帳の更新について

 手帳の有効期限は2年です。また、2年ごとに更新が必要です。

手続きに必要なもの

  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 印鑑
  • 障害年金を受給している方は、申請書に年金証書及び直近の年金支払い通知書
  • 障害年金を受給していない方は、申請書に初診日から6カ月以上経過した時点での医師の診断書

問い合わせ・手続先

 障がい福祉グループ(電話85-3732 内線152 内線153)

 

手帳の変更・紛失した場合

 住所や氏名などを変更した場合は、届け出をしてください。
 手帳を紛失した場合は、再交付の申請をしてください。
 

手続きに必要なもの

  • 精神障害者保健福祉手帳(変更の場合)
  • 印鑑
  • 顔写真1枚(たて4センチメートル×よこ3センチメートル程度)

問い合わせ・手続先

 障がい福祉グループ(電話85-3732 内線152 内線153)

 

障がいの程度が変化した場合

 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けたときに比較しての程度が軽く又は重くなるなどの変化を生じた場合、または手帳の交付を受けたときに有していたに加えて、それ以外のを生じた場合手続きが必要になります。

手続きに必要なもの

  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 印鑑
  • 顔写真1枚(たて4センチメートル×よこ3センチメートル程度)

問い合わせ・手続先

 障がい福祉グループ(電話85-3732 内線152 内線153)

 

手帳の返還について

 手帳の交付を受けた方の障がいがなくなった場合、または死亡した場合は、手続きが必要になります。
 

手続きに必要なもの

  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 印鑑

問い合わせ・手続先

 障がい福祉グループ(電話85-3732 内線152 内線153)

問い合わせ

保健福祉部 障がい福祉グループ
TEL:85-3732
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)