「ふるさと名物応援宣言」を実施しました

公開日 2017年01月02日

 平成29年1月1日(日)、登別温泉の泉源公園にて、登別市長が「登別温泉」・「カルルス温泉」・「鬼像」をふるさと名物として応援することを宣言しました。


 「ふるさと名物応援宣言」とは、市町村において、地域を挙げて支援を行う「ふるさと名物」(地域資源を活用した商品・サービス(群))を特定し、積極的な情報発信を行うことを促進するものです。

 これにより「地域ブランド」の育成・強化を図り、地域の売上や雇用の増大、地域経済の好循環につなげます。

 また、「ふるさと名物応援宣言」を行うことにより、その関連の地域資源活用事業について補助金や人材育成、情報発信について優先措置が受けられるようになります。
 

ふるさと名物応援宣言(登別市)[PDF:3MB]

 image01 

問い合わせ

観光経済部 商工労政グループ
TEL:0143-85-2171
FAX:0143-83-5302

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)