北海道における 新型コロナウイルス感染症 秋の再拡大防止特別対策について ~北海道~

公開日 2021年10月15日

 ワクチン接種が進み、国においては日常生活の回復に向けた検討が進められ、これまでの対策が大きく転換する可能性がある重要な局面を迎えており、また、国の専門家からは、人の移動が活発化する秋の行楽シーズンを迎え、再拡大につながる懸念が指摘されています。

 このため、緊急事態宣言終了後の急激な人流の増加を抑えるなどして、早期の再拡大を回避するため、北海道は、国の基本的対処方針に基づく段階的な緩和の観点等を踏まえ、10月以降の必要な協力について働きかけを実施することとしました。

 市民の皆様には、北海道における秋の再拡大防止特別対策の取組内容を確認いただき、引き続き感染拡大防止対策の徹底をお願いします。

北海道における秋の再拡大防止特別対策期間:10月1日(金)~10月31日(日)

※札幌市における飲食店等への時短要請など、「重点地域」としての要請・協力依頼を10月14日(木)をもって終了し、全道域と同様の対策に移行することとしました。

要請内容

1 日常生活において

・「三つの密(密閉・密集・密接)」、「感染リスクが高まる「5つの場面※」」等の回避や、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指消毒」、「換気」をはじめとした基本的な感染防止対策を徹底する。

※飲食を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり

2 特に外出の際は

・混雑している場所や時間を避けて少人数で行動する。

・重症化リスクの高い方(※)と接する際は、基本的な感染防止対策を更に徹底する。

※高齢者、基礎疾患のある方、一部の妊娠後期の方

・感染が拡大している他の都府県への不要不急の移動は極力控える。

・帰省や旅行・出張など他の都府県への移動に際しては、基本的な感染防止対策を徹底し、大人数(5人以上)の会食は控える。特に、ワクチン接種を完了していない方等は、移動の際の体温チェックやPCR検査を受けるなど、体調確認を徹底し、発熱等の症状がある場合は、移動を控える。

3 特に飲食の際は

・感染防止対策が徹底されていない飲食店等の利用を控える。

・飲食店等の利用の際には、飲食店等が実施している感染防止対策に協力する。

・飲食は4人以内など少人数、短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用する。(「黙食~食事は静かに、会話はマスク~」の実践)

資料 北海道における秋の再拡大防止特別対策(改定)[PDF:211KB]

問い合わせ

保健福祉部 健康推進グループ
TEL:0143-85-0100
FAX:0143-85-0111

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)