令和3年度登別市青少年表彰の推薦について

公開日 2021年11月01日

登別市青少年問題協議会は、令和3年度登別市青少年表彰の候補者を募集します。

郷土登別市の担い手としての豊かな心と実践力をもち、他の模範となる青少年の推薦をお待ちしています。

表彰の対象

4月1日現在で、市内に居住する満28歳までの青少年(以下「個人」という。)又は満28歳までの青少年で構成される団体・グループ(以下「団体」という。)であり、3年以上継続して活動し、次のいずれかの基準を満たすもの。

表彰の基準

(1)自主的、かつ、無報酬で、地域の活性化や課題解決等に尽力し、地域づくりに貢献している個人又は団体で、平均して月に2回以上活動していること。ただし、政治・宗教活動、営利活動、職務としての活動又は学業(学科)単位取得を目的とする活動等は対象としない。

(2)自主的、かつ、無報酬で、学習、ボランティア、スポーツ・レクリエーション、文化・自然体験又はまちづくりなどの活動を通じて青少年の育成を目的とする青少年団体・グループ(政治・宗教活動や営利活動などを行う団体等や、学校や会社のクラブなどを除く)の活動支援に尽力している個人又は団体で、平均して月に2回以上活動していること。ただし、政治・宗教活動、営利活動、職務としての活動又は学業(学科)単位取得を目的とする活動等は対象としない。

(3)職場で取り組んでいる環境保全、地域振興、文化・スポーツ振興、社会福祉、国際貢献又は次世代育成などの社会貢献活動に積極的に参加し、働きながら、社会や他者のために地道に努力している個人で、平均して月に1回以上活動していること。

(4)職場で創意工夫により、製品の品質向上、作業の能率向上、省資源化、未利用資源の活用、作物の増収、品種改良又は労働災害の防止など、技術や職場環境などの改善向上に貢献し、もって地場産業の振興・活性化に寄与したことが認められる個人。ただし、政治・宗教活動は対象とせず、単なる精勤者等についても対象としない。

推薦者

市内に居住する方、職場の長、団体の代表者など

推薦方法

社会教育グループ(市民会館内)に備え付け、または、市公式ウェブサイトに掲載している推薦書に必要事項を記入の上、令和3年11月30日(火)までにメール(syakyou@ciy.noboribetsu.lg.jp)または郵送にて社会教育グループへ提出してください。

推薦書・要綱

推薦書[XLS:24KB]

表彰要綱[PDF:70.5KB]

提出先

〒059-0014 登別市富士町7丁目33 教育委員会教育部社会教育グループ 

問い合わせ

教育委員会教育部 社会教育グループ
TEL:0143-88-1129
FAX:0143-85-9744

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)