道内でヒグマによる人身事故が多発しています

公開日 2021年07月12日

 道内ではヒグマによる人身事故が多発しており、今年度の死傷者数は7人(令和3年6月末時点)と、過去最悪の死傷者数となった昭和39年の8人に匹敵する状況となっています。

 また、札幌市や旭川市などでは市街地にヒグマが出没するなど、ヒグマが人間の生活圏に出没しているケースが増えてきています。

 夏場はヒグマがエサを求めて活発に移動する時期です。

 気温の上昇にともない屋外で活動することが増えますが、今まで以上に注意して行動しましょう。

ヒグマに対する注意事項

 ●一人で野山に入らない

 ●野山や屋外で食べ物やゴミを放置しない

 ●ヒグマの目撃箇所周辺では、早朝や夕暮れの行動を避ける

 ●お墓参りの際は供物を必ず持ち帰る

啓発チラシ「あっ!ヒグマだ!!」(北海道環境局環境生活部自然環境課作成)[PDF:492KB]

問い合わせ

市民生活部 市民サービスグループ(市民生活担当)
TEL:0143-85-2139
FAX:0143-85-7674

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)