「警戒ステージ3」の追加対策について~北海道~

公開日 2020年11月18日

 北海道では、11月7日から道独自の警戒ステージ3に引き上げ、集中対策を行っていますが、ステージ移行後も全道的な新規感染者数や入院者数の増加が続き、特に、札幌市内における医療提供体制のひっ迫の度合いが急速に増していることから、11月17日から更なる対策を実施することとしました。

 市民の皆さまにおかれましては、次の取組について、引き続きご協力をお願いします。

道民及び道内に滞在している皆さまへの要請(札幌市内を除く)

○感染リスクを回避できない場合

 ・札幌市との不要不急の往来を控える

○感染リスクを回避する行動の更なる徹底。特に飲食の場面におけるリスク回避の徹底

○マスクの着用など高齢者、基礎疾患を有する方等と接する場合の慎重な行動の徹底

○発熱やせきがあるなどの体調が悪い場合に外出を控える

○「新北海道スタイル」の実践を宣言している店舗や施設を選んで利用

○テレワークの推進や時差出勤などの更なる活用

○国の接触確認アプリ(COCOA)や道のコロナ通知システムの更なる活用

■感染リスクを回避できない場合の例

 ・新北海道スタイルを実践していない施設等の利用

 ・密閉された屋内において、人との距離が十分に保たれていない長時間の会合

 ・飲食の場面においては、大人数(例えば5人以上の集まり)、マスクをしない大声での会話、2時間を超えるような長時間の飲食 など

■体調が悪い場合の例

 ・発熱や倦怠感、せき、のどの痛み、味覚・嗅覚の異常、筋肉関節の痛み、吐き気がある場合など

集中対策期間における追加対策について~北海道~

北海道感染症対策本部会議(11月17日)の決定事項

 

 

問い合わせ

保健福祉部 健康推進グループ
TEL:0143-85-0100
FAX:0143-85-0111

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)