新型コロナウイルス感染症に関連し、大型連休に向けての市長メッセージ

公開日 2020年04月24日

市民の皆様へ

 

新型コロナウイルス感染症については、登別市内において感染経路が不明の感染者が確認されています。

すでに、市民の皆様の中にも無症状の感染者がいるかもしれません。

 新型コロナウイルス感染症は、政府の専門家会議でも言われているように、「誰でも感染しうる感染症」であり、「誰もが気づかないうちに誰かを感染させてしまう可能性」があります。

皆様におかれましては、手洗いの励行や咳エチケットに加え、人との接触を8割減らす努力をお願いします。

 特に、大型連休期間中は、感染拡大防止のため外出を控えてください。ご自宅にいてください。家族連れでの買い物はおやめください。

ご自身やご家族の大切な命を守るには、今は、皆様が行動を我慢し自粛することで、感染拡大を防ぐしかありません。

皆様一人ひとりの冷静な行動が、本当に大事な時期です。

ご不便とは思いますが、ご理解とご協力をお願いします。

 

また、一部でデマや根拠のない情報が拡散されています。専門家会議では、「病気に対して生じた差別や偏見が、さらに病気の人を生み出し、感染を拡大させるという負のスパイラルを招く恐れがある」との危機感も示されました。

差別や偏見を恐れるあまり、感染の疑いがあっても医療機関等への相談や受診を控えることで、重症化やさらなる感染拡大が懸念されます。

感染された方やそのご家族、濃厚接触者や医療関係者等に対する誹謗中傷、不当な差別的言動は絶対にしないでください。

皆様の支え合いが必要です。特段のご配慮とご協力を切にお願いします。

 

来週から大型連休期間に入ります。

昨日、全国知事会からゴールデンウィーク緊急要請がありました。『外出しないで』、『帰省や旅行をしないで』、『3密を徹底的に回避』、『企業、団体の方々のご協力を』という内容です。その中で、『帰省や旅行をしないで』は、「県境を越えた移動をしない」、「家族、親戚、友人に会うための移動はしない」、「帰省もしない。観光地、海、山へも行かない」ということをお願いしています。

現在、市内では、登別温泉・カルルス温泉の各ホテル・旅館やテーマパーク、飲食店などが自主的に臨時休業しています。

また、地獄谷の展望台や遊歩道、駐車場などの屋外施設が閉鎖されているほか、倶多楽湖に通じる道道350号4月27日から5月7日まで、通行止めとなる予定です

 皆様におかれましては、市内外への移動自粛はもちろんのこと、ご家族やご友人が登別市へ旅行や帰省することも中止するようお伝えください。

一日も早い収束のため、今こそ行動を変えるときです。

専門家会議が示した『人との接触を8割減らす、10のポイント』を参考に、皆様一人ひとりが日常生活を見直し、感染拡大を防ぐよう、ご理解とご協力を重ねてお願い申し上げます。

 人との接触を8割減らす、10のポイント

 

令和2年4月24日

登別市長 小笠原 春一

 

 

問い合わせ

保健福祉部 健康推進グループ
TEL:0143-85-0100
FAX:0143-85-0111
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)