新型コロナウイルスに関連した患者の確認に関する市長メッセージ

公開日 2020年04月18日

市民の皆様へ

 

 本日、登別市内に居住している方が、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

 北海道からの情報によりますと、年齢は80歳代の男性で、国籍は日本、職業は無職であります。

 この方は、現在、胆振管内の医療機関に入院されておりますが、症状は軽症と聞いております。

 海外渡航歴はありませんが、行動歴や濃厚接触者については、現在室蘭保健所において調査中とのことです。

 

 登別市では、このたびの感染症患者の発生を受け、早急に対策本部会議を開催し、今後の対応について協議を行ったところです。

 国や北海道、室蘭保健所と緊密な連携を図り、情報収集に努めてまいります。

 

市民の皆様におかれましては、正しい情報に基づき落ち着いて行動していただくとともに、市内であっても『不要不急の外出を極力控える』、『人と人との接触を避ける』など、より一層の感染予防対策をお願いします。

 また、これまでと同様に『手洗いや咳エチケットの励行』、『風邪気味のときは外出を控える』、また、『3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)を徹底的に避ける』など、感染防止対策に努めていただくよう重ねてお願いします。

 

また、個人のプライバシー等の保護のため、市民の皆様におかれましては特段のご理解とご配慮をお願いいたします。

 新型コロナウイルスは誰にでも感染する可能性があります。

不幸にも感染してしまった市民に対し、差別や偏見、心無い言葉をかけるといったことがないよう、冷静な対応をお願いします。

 

最後に、昨日、自身が負傷した目の治療のため、4月19日から4~5日間、入院することを皆様にお伝えしておりましたが、これを一旦取り止め、市内における新型コロナウイルス感染の拡大防止に万全を期して参ります。

 

 令和2年4月18日

 

                     登別市長 小笠原 春一

 

問い合わせ

総務部 秘書広報グループ
TEL:0143-85-6586
FAX:0143-85-1108
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)