新型コロナウイルス感染症防止対策の徹底と公共施設利用の継続等に関する市長メッセージ

公開日 2020年04月14日

市民の皆様へ

 

 政府は、新型コロナウイルスの感染者が東京をはじめとする都市部に急増し、感染経路の不明な感染者も増加していることなどから、4月7日に「緊急事態宣言」を発出しました。

 北海道は、この「緊急事態宣言」の対象地域ではないものの、4月8日以降は2けたの感染者が確認されていることなどから、第2波とも言える感染拡大の危機を早期に収束させるため、北海道と札幌市は、4月12日に6項目からなる「北海道・札幌市緊急共同宣言」を出しました。

 

 登別市民の皆様におかれましては、まずは、「緊急事態宣言」の対象となっている7都府県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県)や札幌市との不要不急の往来を極力避けるようにお願いします。

 やむを得ず7都府県や札幌市を訪れ登別市に戻られた場合やご家族などが登別市に帰省された際は、2週間程度体調に十分ご注意いただき、風邪症状があるときには外出を控えるといった感染予防にご協力をお願いします。

 

 感染拡大地域などと往来のない市民の皆様も、手洗いや咳エチケットの励行や、風邪気味のときは外出を控える、また「3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)」を徹底的に避ける行動を、これまで通りお続けいただき感染予防に努めてください。

 

 市内の公共施設については、4月17日まで一部制限を設けたうえでご利用いただいておりますが、この制限につきましても国の「緊急事態宣言」に合わせ、5月6日まで継続することとしました。

 

新型コロナウイルス感染症により深刻な影響が出ている飲食業をはじめとした市内経済に対しては、国や北海道が実施する経済対策に加え、市独自の支援策の検討を進めており、現在、登別商工会議所などと連携しながら事業継続や感染収束後の経済の回復に向けた対策の準備を進めています。

 

 お一人おひとりの冷静な行動が、ご自身やご家族の健康を守ります。

 今は、ご不便をおかけしますが、市民の皆様におかれましては、引き続き『感染しない』、『感染させない』よう、ご理解とご協力をお願いします。

 

 

令和2年4月14日

北海道登別市長 小笠原 春一

 

 

 

問い合わせ

保健福祉部 健康推進グループ
TEL:0143-85-0100
FAX:0143-85-0111
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)