産後ケア事業が始まりました

公開日 2019年04月01日

 赤ちゃん誕生の喜びと同時に、産後はホルモンバランスが乱れるため、気分が落ち込んだり、涙もろくなったりすることは誰にでも起こりうることです。

 市は、そんなお母さんをサポートするため、平成31年4月1日から、出産後、育児等の支援が必要な方を対象に、市が委託した母乳育児相談室の助産師による、出産後のからだのケアや育児・授乳の相談を受ける「産後ケア事業」を実施します。

 

〇利用できる方

登別市に住民票がある、産後4カ月未満のお母さんと赤ちゃんで、次のいずれにも該当する方

・家族などから十分な家事や育児等の協力が得られない方

・産後に心身の不調や育児不安などがある方

 

〇内容

・お母さんの体調管理と健康相談

・授乳相談(乳房マッサージ、ミルクの授乳方法等)

・育児相談(沐浴方法、抱っこの仕方、赤ちゃんの発達・発育等)

 

〇実施方法

 次のいずれかの方法で利用できます。

・通所型:お母さんと赤ちゃんが、母乳育児相談室に通い、サービスを受ける方法

・訪問型:助産師が家庭訪問して、サービスを受ける方法

 

〇利用回数

1人のお母さんが最大5回まで利用できます。

 

〇利用料金

利用者区分

 

通所型

(1回当たり)

訪問型

(1回当たり)

市民税課税世帯

500円

1,000円

市民税非課税世帯

生活保護受給世帯

 

0円

 

0円

 

 

〇申し込み

利用を希望される方は、登別市産後ケア事業利用申請書の提出が必要です。

詳しくは、健康推進グループに問い合わせください。

◆登別市保健福祉部健康推進グループ(電話0143ー85-0100)

 

〇委託先

Ohana母乳育児相談室 

助産師 藤本 智恵子

住所 登別市片倉町5丁目19-18

電話 080ー6077ー8091

地図

Ohana母乳育児相談室

問い合わせ

保健福祉部 健康推進グループ
TEL:0143-85-0100
FAX:0143-85-0111
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)