特定不妊治療費助成事業のご案内

公開日 2017年04月01日

 市は、特定不妊治療を受けた夫婦に対し、経済的負担を軽減するため、北海道の特定不妊治療費助成事業に上乗せをして、治療費の一部を助成します。

対象となる治療

  • 体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)が対象となり、特定不妊治療以外の治療法によっては、妊娠の見込みがない、または極めて少ないと医師に診断された場合となります。
  • 男性不妊治療(特定不妊治療の一環として行われる精子を精巣又は精巣上体から採取する手術)も助成の対象となります。
  • 第2子以降の不妊治療の対象となる子どもごとに、助成の対象となります。
  • 夫婦以外の第3者からの精子・卵子・胚の提供による不妊治療や、代理母などによる不妊治療は対象となりません。

助成の対象者

 次の項目の全てに該当する法律上の婚姻をしている方が対象となります。

  1. 北海道特定不妊治療費助成事業の交付決定を受けた方
  2. 治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満である夫婦
  3. 夫婦のいずれかが、特定不妊治療の終了日から助成申請日までの間において、登別市に住民票を有する方  
  4. 助成申請日において、夫婦のいずれも登別市の市税(市民税・軽自動車税・固定資産税・都市計画税)の滞納がない方
  5. 助成を受けようとする治療について、他の市区町村の助成を受けないまたは受ける見込みがない方

助成の内容

  1. 助成額は、助成対象経費から北海道特定不妊治療費助成金を差し引いた額とし、1回の特定不妊治療につき10万円を上限とします。
  2. 男性不妊治療を受けた場合は、上記の条件において、夫婦それぞれ1回につき10万円の上限となります。
  3. 助成金の交付回数は、子どもごとに特定不妊治療の期間の初日における妻の年齢が、満年齢40歳未満であるときは6回となり、満年齢40歳以上であるときは3回となります。

助成の手続き

 北海道特定不妊治療費助成事業の決定指令書の交付日の翌日から60日以内に、登別市健康推進グループへ申請をしてください。

申請に必要な書類

1.登別市特定不妊治療費助成事業申請書[DOCX:23KB]

  また、次の場所で申請書を受け取ることもできます。

  • 登別市保健福祉部健康推進グループ

  〒059-0016 登別市片倉町6丁目9番地1 登別市総合福祉センターしんた21

  (電話 0143-85-0100)

  • 胆振総合振興局保健環境部保健行政室健康推進課(室蘭保健所)

  ※北海道特定不妊治療費助成事業の申請窓口

  〒051-8555 室蘭市海岸町1丁目4-1むろらん広域センタービル内

  (電話 0143-24-9843)

2.北海道特定不妊治療費助成事業に係る助成金の交付についての写し[DOCX:24KB]

3.北海道特定不妊治療費助成事業の決定指令文の写し[PDF:55KB]

4.北海道特定不妊治療費助成事業の受診等証明書の写し[PDF:94KB]

※2~4は、北海道特定不妊治療費助成事業に関する書類となり、見本をWordとPDFで確認することができます。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)