子ども・子育て支援新制度

公開日 2014年01月21日

「子ども・子育て支援新制度」とは

 「子ども・子育て支援新制度」(以下、「新制度」といいます。)は、平成24年8月に成立した「子ども・子育て関連3法」に基づき、幼児期の学校教育・保育、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進し、一人ひとりの子どもが健やかに成長することができる社会の実現を目指す取り組みであり、平成27年4月からスタートする予定です。

新制度の目的

 新制度は次の3つを目的としています。

1.質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供

 保護者の就労状況等によらず、柔軟に子どもを受け入れられる「認定こども園(※)」の普及を進めることとされています。

 ※認定こども園とは・・・幼稚園と保育所両方の役割をもつ施設で、就学前の子どもに幼児教育・保育を提供し、地域における子育て支援を行う機能を備え、保護者が働いている、いないにかかわらず利用できる施設をいいます。

2.保育の量的拡大・確保、教育・保育の質的改善

 地域のニーズを踏まえ、認定こども園、幼稚園、保育所などを計画的に整備し、多様な教育・保育の充実を図ることとされています。

3.地域の子ども・子育て支援の充実

 地域における子育て支援に関するさまざまなニーズに応えることができるよう、子ども・子育て支援の充実を図ることとされています。

「子ども・子育て関連3法」とは

 新制度の創設に関する次の3つの法律を合わせて、「子ども・子育て関連3法」といいます。

  1. 子ども子育て支援法
  2. 就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律
  3. 子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律

市の取り組み

 市は、保護者の方々の子ども・子育てに関するニーズを把握し、それを反映した「登別市子ども・子育て支援事業計画」を策定するなど、新制度への準備を着実に進めていきます。

1.「登別市子ども・子育て支援に関するニーズ調査」について

 「登別市子ども・子育て支援事業計画」の策定に向けて、平成25年11月に、0歳から12歳までのお子さんがいる2,200世帯を対象に「登別市子ども・子育て支援に関するニーズ調査」を実施しました。調査結果については現在、詳しく集計、分析しており、このニーズ調査等によって、施設やサービスをどのくらい整備、実施していく必要があるかを推計します。

 回答結果についてはこちらをご覧ください。

2.「登別市子ども・子育て支援事業計画」について

 新制度の実施に向けて、地域のニーズを踏まえ、今後、どのような施設、サービスをどのくらい、いつまでに整備、実施していくかを定めます。策定時期は平成26年12月を予定しています。

参考

 子ども・子育て支援新制度のより詳しい内容については、内閣府の子ども・子育て支援新制度のホームページをご覧ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

 

お問い合わせ

保健福祉部 子育てグループ
TEL:0143-85-5634
FAX:0143-85-1108

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード