国際交流事業

公開日 2014年03月31日

登別市では次のような事業に取り組んでいます。

登別市デンマーク友好都市中学生派遣交流事業

 登別市の中学生を友好都市のデンマーク王国ファボー・ミッドフュン市に派遣し、青少年との交流を深め、日本とは異なる生活や文化を体験させることにより、国際理解を深め、国際社会に対応できる豊かな人間性を身につけることを目的とするとともに、ファボー・ミッドフュン市との更なる交流推進の一翼を担うことを目的としています。

主な研修内容

 ○ 事前研修:デンマークの概要講座、英会話講座、英語プレゼンテーション講座、現地で披露するアトラクション練習など

 ○ 実地研修:現地デンマーク家庭でのホームステイ、現地校での授業体験、教育・福祉・文化施設の見学、英語による登別紹介、現地生徒とのグループ学習など

 ○ 事後研修:研修成果、紀行文、感想文の作成と帰国報告会での発表

 

事業の詳細情報

 当事業の研修報告書(平成22年度~)は、こちらのリンクからご覧いただけます。

 

 デンマーク中学生海外派遣事業派遣生徒一覧(279KBytes)

 

自治体職員協力交流事業

 海外の地方自治体等の職員を「協力交流研修員」として受け入れ、登別市の行政のノウハウを習得させる国際協力を行うとともに、研修員による語学講座の開催や小・中学生との交流等を通じて、地域の国際化を推進することを目的にしています。

当事業の実施状況一覧はこちらからご覧いただけます。

平成21年度 自治体職員協力交流事業報告書(49.0KBytes)

平成22年度 自治体職員協力交流事業報告書(68.9KBytes)

平成23年度 研修予定者体調不良のため受入中止

平成24年度 自治体職員協力交流事業報告書(338KBytes)

 

登別・サイパン中学生交流事業

 友好都市であるサイパン市の中学校の生徒を受け入れ、登別市の中学生をはじめ市民との親善交流を図ることを目的とした事業です。

 平成18年に友好都市を締結し、本事業は平成20年2月より実施しました。サイパン市派遣団の中学生は、当市民の家庭でホームステイをしながら、市内中学校への訪問、市民の文化活動への参加、市内見学、雪体験など貴重な体験をしています。

 サイパン市については、「友好都市の紹介」をご覧ください。

 

登別市広州市交流事業

 平成12年(2000年)に中国広東省広州市で開かれた「国際旅遊展」への参加を皮切りに、登別市と広州市の交流が始まり、平成14年(2002年)の友好都市締結以来、行政、市民の相互訪問、観光プロモーション、中国の旅行エージェントの来訪などの交流が続けられています。

 また、自治体職員研修事業として広州市の職員の受け入れも行い、約半年間の滞在中は、さまざまな行政の研修、日本文化の学習、市民や学生との交流、語学講座の実施などで、さらなる絆を深めています。

 

デンマーク青年受入事業

 登別デンマーク協会が行っているデンマークからの研修生受入事業に対し支援を行っています。 

 市内小中学校を訪問しデンマークについて紹介したり、国際理解講座で料理教室を実施したりするなど、デンマーク協会会員をはじめとする多くの市民との交流をしています。

   これまで受け入れた研修生一覧はこちらからご覧いただけます。

デンマーク青年受入事業研修生一覧(128KBytes)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード