「アイヌ文化講座~学んでわかるアイヌ文化~」を開催します

公開日 2019年11月18日

 アイヌ文化講座アイヌ文化講座[PDF:1.3MB]

   2020年の白老町における国立アイヌ民族博物館を中心とした民族共生象徴空間の開設に伴い、社会的にアイヌ文化への関心が高まっています。

 このたび、知里真志保や知里幸恵の故郷である登別市においても、アイヌ文化への知識と関心をより高め、郷土の大切な財産としてアイヌ文化を理解するため、講座を開催します。 

開催日時

 令和元年12月22日(日) 13時30分~15時00分 

会 場

 登別市民会館 1階 大会議室 (登別市富士町7丁目33)

講 師

 小内 透 さん(北海道大学大学院 教授)

内容 

 テーマ:現代アイヌの生活と地域

 アイヌに対する差別の残存やそれに伴う経済問題など多くの困難が現在も残っていますが、近年はアイヌ文化を称揚する動きの高まりなどによって、若年アイヌたちの被差別体験は減少しているといわれています。

 こうした周辺社会の変化から、アイヌ・アイデンティティの世代差や和人地域住民との交流関係を分析し、社会学の視点から現代アイヌの生活実態や意識、取り巻く社会環境についてお話しいただきます

申込み

 令和元年12月19日(木)までに社会教育グループ(電話0143-88-1129/ファクス0143-85-9744)

    ※ファクスの場合は氏名・住所・電話番号をお書き添えください。

 ※当日参加も可能です。

 

地図

会場周辺図

問い合わせ

教育委員会教育部 社会教育グループ
TEL:0143-88-1129
FAX:0143-85-9744

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)