古文書教室を開催します

公開日 2019年01月25日

 自分の住んでいるまちの歴史をもっと知りたい、自分で調べてみたいという方、博物館に行ってもくずし字が読めないので楽しめない・・・そんな方にオススメする初心者向けの「古文書教室」を今年度も開催します。

 古文書とは何かを学びながら、実際に江戸時代や明治時代の登別市に関する古文書の解読にチャレンジする実践編(3回)、本物の古文書を間近で観察する郷土資料館での見学編(1回)の計4回の教室です。

実践編

  • 日時 (1)2月10日(日) (2)2月24日(日) (3)3月9日(土) 10時~12時
  • 場所 (1)・(3)市民会館1階 大会議室 (2)市民会館2階 視聴覚室
  • 講師 平塚理子(登別市教育委員会学芸員)
  • 内容 古文書とは何か、仮名文字など基本的なことを学んだあと、市内に残る古文書や江戸時代に室蘭・登別など北海道各地の警備につめていた南部藩の関係文書(岩手県盛岡市 もりおか歴史文化館所蔵資料)などを実際に解読します。
  • 定員 30人程度

見学編

  • 日時 3月16日(土) 10時30分~12時
  • 場所 郷土資料館(登別市片倉町6丁目27番地)
  • 講師 平塚理子(登別市教育委員会学芸員)
  • 内容 本物の古文書を観察して、文字の形だけでなく、紙の形・厚さなどを確かめてみましょう。
  • 定員 20人 ※実践編参加者に限る

申し込み

  • 期間 1月21日(月)~各開催日の前日
  • 申込先 社会教育グループ 電話0143-88-1129/FAX0143-85-9744

古文書教室ポスター古文書教室ポスター[PDF:826KB]

地図

会場周辺図

問い合わせ

教育委員会教育部 社会教育グループ
TEL:0143-88-1129
FAX:0143-85-9744

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページの先頭へ(登別市PRキャラクター:登夢くん)