水道管の凍結にご注意ください

公開日 2017年11月20日

 寒さが厳しくなる1月から2月にかけて、水道管の凍結事故が起きやすくなります。

 真冬日(1日中外気温が0℃以下)が続いたときなどは特に注意が必要です。

 長期不在時のみならず、就寝前や外出時においても水落としをお勧めします。

 また、日頃からテレビやラジオなどの気象情報に注意し、こまめに水落としを行ったり、換気口を完全に閉じ、床下に冷たい風が入らないようにするなどの凍結防止に努めることが大事です。

◇水落としの方法

(1)蛇口をあける                                         

(2)水落としレバ―もしくはハンドルを閉める                      

 ※電動式はボタンを操作することで水を落とせます 

◇業者に依頼する前に自分で行うことは?

 軽い凍結であれば、部屋を暖めるとともに、管や蛇口にタオルなどの布を巻いて徐々にお湯をかけて解氷できます。

凍結を放置すると、水道管の破裂を起こす場合もあるため、指定業者に修理依頼をして速やかに凍結修理することをお勧めしています。

 

◇凍結修理の費用は?

 凍結修理などの費用は皆さんの自己負担となります。

 修理を依頼する前に、問い合わせした業者から、工事内容や費用などについて説明を受け、十分納得した上で修理を依頼してください。

◇凍結・故障・修繕は登別市指定給水装置工事事業者へ

 登別市指定給水装置事業者一覧[PDF:58KB]

◎問い合わせ  

 平日午前9時~午後5時30分 

 水道グループ工務担当  電話0143-85-5510

 平日午後5時30分以降及び土・日曜日、祝日 

 市役所当直室      電話0143-85-2111

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード