7月17日は「北海道みんなの日」(愛称:道みんの日)です

公開日 2017年06月16日

 北海道に新しい記念日ができました。

 松浦武四郎が、明治政府に「北加伊道(ほっかいどう)」という名称を提案した7月17日を、「北海道みんなの日(愛称:道みんの日)」としました。

 「北海道みんなの日」が、北海道に暮らす皆さんにとって、本道のこれまでの歴史や文化、風土を見つめ直し、価値を再認識し、一体となってより豊かな北海道を築いていくきっかけとなるとともに、道外から本道を訪れる方、北海道にゆかりがある方に本道の魅力を発信する機会となることを期待しています。

 なお、「北海道みんなの日」には、記念行事を実施するほか、次の道立施設において、常設展示の観覧料や入場料などが無料になります。ぜひご利用ください。

 詳しくは、北海道のホームページをご覧ください。※北海道みんなの日の詳細ページに飛びます。

 

[博物館・美術館]             [公園・体験活動施設など]

■北海道博物館(札幌市厚別区)        ■道民の森(当別町・月形町)

■北海道開拓の村(札幌市厚別区)       ■北海道子どもの国(砂川市)

■文学館(札幌市中央区)           ■オホーツク公園(網走市)

■オホーツク流氷科学センター(紋別市)    ■宗谷ふれあい公園(稚内市)

■北方民族博物館(網走市)          ■ゆめの森公園(中標津町)

■近代美術館(札幌市中央区)         ■ネイパル砂川(砂川市)

■三岸好太郎美術館(札幌市中央区)      ■ネイパル深川(深川市)

■旭川美術館(旭川市)            ■ネイパル森(森町)

■函館美術館(函館市)

■帯広美術館(帯広市)

 

北海道みんなの日チラシ[PPTX:60KB]

 

お問い合わせ

総務部 企画調整グループ
TEL:0143-85-6586
FAX:0143-85-1108