屋外広告物の安全管理の徹底及び通報・相談について

公開日 2017年04月18日

 平成29年4月10日、帯広市内の帯広信用金庫東支店で7メートルの大型看板が歩道に落下する事故が発生しました。

 過去には、札幌市中央区のビル4階の壁面から看板の一部が落下し、通行人が重傷を負う重大な事故が発生しております。(平成27年2月15日)

 看板などの屋外広告物を表示、設置または管理されている皆さんには、このような事故が起こることのないよう、その安全性について改めて点検を実施するとともに、倒壊、落下などのおそれがあるものについては、速やかに撤去、改修などの適切な対応をお願いします。

   また、北海道では広告主及び管理者が自主的に点検、補修を行うため、必要な点検項目や対応策について、「北海道屋外広告物管理指針」としてまとめていますので、参考にしてください。

URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kn/tki/mdr/koukoku/anzenkanri.htm

屋外広告物による事故を起こさないために[PDF:1MB]

 屋外広告セーフティホットラインについて

 屋外広告物の安全対策を進めるため、市民の皆さんや屋外広告物業者が発見した「安全上の問題のある可能性のある屋外広告物」についての連絡窓口「屋外広告セーフティホットライン」が開設されています。

リーフレット(セーフティホットライン)[PDF:712KB]

関連ワード

お問い合わせ

都市整備部 都市政策グループ
TEL:0143-85-3230
FAX:0143-85-8286

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード