『第44回登別温泉湯まつり』の開催について

公開日 2015年02月02日

この催しは、登別温泉の豊富な湯量と優れた泉質に感謝し、開運と無病息災を祈願するまつりとして、節分に合わせて毎年2月3日・4日に開催されています。

閻魔大王の使者である赤鬼と青鬼の『湯鬼神(ゆきじん)』が、ホテル・旅館や飲食店、商店を回り、郷土芸能『湯鬼神かぐら』を踊って厄払いをするなど、例年、市民はもちろん観光客にも喜ばれています。

 2月4日(水)夜には、泉源公園(登別温泉町)を会場に、まつりを締めくくる『源泉湯かけ合戦』が行われ、氷点下の寒さの中、紅白に分かれた約100人の若者たちが豪快に湯をかけ合い、見物の市民や観光客とともに、今年1年の開運と無病息災を祈願します。紅が勝つと湯の温度が上がり、白が勝つと湯量が増えるといわれています。

 

▼月日  平成27年2月3日(火)・4日(水)

▼場所  登別温泉町、カルルス町

▼時間・内容 

 ◎2月3日(火)   

  ・13時00分 カルルス温泉訪問(カルルス温泉)
   ・18時00分  源泉汲み上げ・分湯式(泉源公園)
  ・18時30分 『絵馬昇天』お焚き上げ(泉源公園) 
  ・19時00分 厄払い湯鬼神訪問(登別温泉街)

  ・21時00分 湯鬼神かぐら、子宝もちつき舞、甘酒・餅ふるまい(泉源公園)

  ・21時30分 厄払い湯鬼神群舞(登別温泉街)

 ◎2月4日(水)

  ・18時00分 厄払い湯鬼神訪問(登別温泉街)

  ・20時30分 湯鬼神かぐら、子宝もちつき舞、甘酒・餅ふるまい(泉源公園)

  ・21時10分 源泉湯かけ合戦(泉源公園)

▼問い合わせ  登別観光協会(電話0143-84-3311)

源泉湯かけ合戦